UA-115490970-2

2018年12月08日

今年の目標その2

47206230_573344736421683_8022857505719713792_o.jpg

先日、信玄を和室に連れ出してみて、そこで大丈夫だったので


今回もやってみようとケイジから出してみたんです。


その時は仕事だったので、気になりながらもそのままにして娘に頼んででかけました。


仕事終わって自宅に帰ったら


普通にいつものように自分のケイジで寝ていました。


娘に聞いたら、「ママがケイジに入れていったのかと思った」と言っていたので


私がいなくなってから、すぐにケイジに戻ったよう。


やっぱり落ち着かないのでしょうか。




冬になって、水分をあまりとらない信玄のおしっこが心配で


最近はカリカリのほかにウェットフードも上げているのですが


抱っこした時にずっしりした重さで


う〜〜〜〜ん、体重増えちゃったのかなぁとなりました。


水分とらないとダメだし、かと言ってあんまり動かない冬に太ったらもっとダメなので


ちょっとまた調整をしないとだなぁと。


病気をしないように栄養は取らせながら


また、お腹の弱い信玄のために消化器サポートも食べさせないとだし


おしっこに配慮したカリカリ優先だし


難しいです。


10%ずつ少なくしてあげるを心に。



怖いけど体重計ってみようかな。


48016567_577186312704192_3068507245386924032_o.jpg


ラベル:ダイエット
posted by マミー at 13:02| Comment(0) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

やっぱり異常




最近、朝日新聞デジタルに載った記事です。


最近、日本人がおかしいです。


昔は野良猫がいても、温かい目で見て、ご近所で見守って飼っていたものです。


昼間は外に遊びに行っても、夜は帰ってきて家で寝て


そんなのんびりした感じでした。


それがいつからか。。。隣通し、ご近所付き合いが無くなってきたからか


外にいる猫は危ないとなってきました。


車が多くなったこともありますが、安心して外に出せなくなりましたね。


それが最近さらにエスカレートしてきて、虐待するためにもらってきたリ


人に飼われているだろう猫を捕獲して、虐待して殺したり。


大矢誠がいい例です。


野良猫を害獣だといってひどい虐待をして殺して捕まりました。


それを模倣しているのか


各地で同じような虐待犯が見つかり


通報しても地域によっては警察は動かない。


虐待魔の自由にさせ、虐待魔を一般に人が追跡していると


こちらが任意同行を求められ、こちらが犯罪者扱いです。


野良犬、野良猫には権利がないんです。


人が飼っているとモノ扱いで、飼い主がネグレクトしていても


その人の所有物だから、他人が口を出せない。


だから、虐待魔は増える一方です。


新聞記事になるくらい各地で罪のない猫が殺されています。


子猫が生まれると、簡単に外に捨てたり(動物の遺棄は犯罪です)。


年を取ったからと外に捨てる。


匿名だから罪の意識もなく、動画をアップし


誰でも見れるものです。


「天性精神異常者の世界」


やっぱり異常です。


それは異常なんです。


今にエスカレートして幼児・子供に行きますよ。


そうなる前にその異常さを止めないといけません。


現実を知ってください。


こんなことが今どこかで普通に行われているという事を知ってください。
ラベル:動物虐待
posted by マミー at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうすぐクリスマス





もうすぐクリスマスですね。


ペットショップで命を買ってプレゼントしないでください。


日本にはひどい扱いされているワンちゃん、猫ちゃんがたくさん。


悪徳繁殖屋にいいように利用されて、餌もきちんと与えられずに


子供だけ生まされて病院にも連れて行ってもらえず


麻酔もしないでおなかを切って、子供を取り上げたら


ほっておかれてを繰り返した状態のワンちゃんがたくさん


生れてからケイジの外に出たことのないワンちゃんたちが


悪徳繁殖屋がつぶれた後、保護されています。


保護されて初めてそういうひどい状態だったと分かるのです。


ペットショップで買わなければ、そんなひどい繁殖屋はいなくなります。


ペットショップで買う人がいるから、ペットショップが無くなりません。


海外のようにペットを飼いたければ保護施設からもらい受けてください。


売れ残ったペットも同じような扱いをされるのです。


そんな悪い循環を断ち切りましょう。



今、ペットを売らないペットショップが誕生し始めています。


保護されたワンちゃん、猫ちゃんが譲渡されるようなシステムになっています。


血統証付きのワンちゃん、猫ちゃんが欲しかったら


きちんとした個人のブリーダーから買ってください。


どうかペットショップがあるそのシステムのひどさ


犬猫にしているしうちのひどさを知ってください。


知ったらペットショップから買うなんて言う気持ちは亡くなってしまいますよ。


命を売り買いするシステムだから


簡単に保健所に持って行く人が後を絶ちません。


年取ったから、大きくなって毛が抜けるから。


そんな理由で家族を簡単に捨てるられるのです。


そんなことをしている人間はいつかは自分に返ってきて


家族に年取ったから、ボケたからと言って捨てられます。


どうかクリスマスには保健所や保護施設にいるワンちゃん、猫ちゃんを


家族に迎えてあげてください。
ラベル:悪徳繁殖業者
posted by マミー at 01:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする