UA-115490970-2

2018年03月18日

交通事故にあった猫救出&うちの猫2

全然痩せない信玄と私


餌も適量を守ってあげているつもりなのですが、


適量っていうのがダメなのかもしれません。


適量より少なく上げないといけないのかもしれない。


心を鬼にしてやらないとダメですね。甘いのです。多分。自分にも信玄にも。


ずっとその心を維持していかないといけないです。

28783372_417302955359196_2204776673482637312_n.jpg


信玄は毛のつやがなくて手触りもざらざら、毛質が良くない感じで。


たとえて言うとコンディショナーをしていない髪の毛みたいです。


うちには他に2匹猫がいるのですが、ウニという多頭飼い崩壊現場からレスキューされた子なのですが、


小さいころからきちんと餌ももらえずに過酷な環境で育ってきたせいか


そのウニも毛質がごわごわしていて、信玄と一緒です。


やっぱり、環境が大事なのでしょうか。


もう一匹のタラは子猫の時から家で飼っているので、その子はつやつやサラサラなのです。


やっぱり、小さいころの栄養でしょうか。


歯もタラはきちんと小さな前歯も揃っていますが、信玄とウニはまばら。


歳も関係しているのかもしれませんね。


信玄なんて小さな前歯が2本くらい抜けていてないです。


これは事故の時に無くなったのか。。。




今日はそのごわごわの毛にブラッシングしてあげたのですが


足が不自由なので他の猫のように後ろ足で耳を掻いたり


首のあたりをカリカリ掻いたりすることができないのでやってあげないとです。


そうすると最近は「ゴロゴロ」と喉を鳴らします。


野良はゴロゴロいう事なんてないくらい過酷な環境を生きていて、


信玄はよかったね。「ゴロゴロ」言う事が出来て、と思います。

信玄を助けることになったいきさつはこちら
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 23:51| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

交通事故にあった猫救出&うちの猫






相変わらず肥満猫用の容器では餌を食べたがらない信玄。


ちょっと上だけをサラッと食べて奥に入り込んだ餌を面倒くさがって残す。


餌を食べないで残すなら、ダイエット成功じゃない!って思うかもしれませんが。。。


うち信玄は、そんなに甘くありません。


食べないで「にゃーにゃ―」と甘い声で呼んで


「いつものお皿でちょうだいよ〜」と鳴きます。


チュールはここのところ毎日朝晩1本ずつで、2本で抑えています。


本当は一日1本にしたいところ。


でも、チュール大好きなのです、信玄。


段々慣らしていこうとどっちも我慢。


我慢の毎日です。


餌を決めてからは、おなかの調子も安定しています。


昨日なんか、お風呂上がりのタオルの上でう〇ちをしそうになって


ティッシュをすかさずに取って、手のひらで受け止めて。


立派なう〇ち。私はこれから運が上がるでしょう。(笑)


風呂場から、信玄のケイジまでちょっとの距離なのですが


今までは「よっこらしょ」と抱っこして運んでいました。


これからは自分で歩かせようと、後ろ脚を私が持って


前足でケイジまで歩いてもらおうとやり始めました。


が、信玄のしっぽは長くて追いかけようといつも踏んでしまうのです。


ごめん、信玄。


信玄の前足はまるで筋トレでもしているかのように太くて


這って歩くとすごい早いのです。


今までは、ケイジの中だけで過ごし、ケイジだけが安全地帯でしたが


ちょっとずつ、部屋で過ごせるように訓練していきます。


時々思うのです。


信玄って、どっちが幸せだったんだろうって。


外で過酷な環境でも自由に走り回って生きてきたときと


今は安全で暖かいし、お腹いっぱいに食べれるし


でも、一日中ケイジの中で寝て過ごすのと。


話せたら一度聞いて見たい。







信玄を助けることになったいきさつはこちら
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 21:47| Comment(2) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

交通事故にあった猫救出30

28166402_412667509156074_1273644181031387027_n.jpg

信玄は、根っからの野良猫です。


首も太く、首輪の跡もなく、手も大きくがっしりしています。


野良猫の平均寿命3年を軽く超えて厳しい環境で生きてきたわけで


どんな生活をしてきたのでしょう。


最初は、耳が欠けていたので“さくら猫”かと思ったのです。


(野良ネコを去勢手術すると耳をカットして桜の花びらのようになるので)


でも、錦糸町のT先生は「これ去勢してないなぁ」と。


野良猫の保護団体にも捕まらずに15年も生きるってどれだけ用心深いのでしょう。


人間になれた野良猫は捕まって虐待を受けたりするので


いっそ、危ない人間に近寄らないのが長生きの方法ともいえます。


でも、それは苦難のみちです。


保護した時は、3.5キロで軽々と持ち上げられましたが


今はアザラシみたく太ったので「よっこらしょ」となります。


時々は、鳴いて甘えるのですが


ケイジの中では、私が頭を突っ込んで(私は目が悪いので奥まで突っ込まないとよく見えないのです)


圧迫排尿していると痛いのか、頭を猫パンチでぺシぺシされたことがあって


朝、いっぺんで目が覚めました。


なんだろうか。


あと、ケイジの中を掃除しているときも猫パンチをお見舞いされることがあります。


そこが縄張り?


子猫の時から飼っている子たちとはちょっと違う。


心のどこかにまだ人間を信用できない何かトラウマのようなものがあって


黒猫のタラは、きびなご(乾燥小魚)を近くに投げてやって普通に食べているけれど


信玄は今は大丈夫だけれど、最初に「シャーシャー」言われて怖いから


こぼれていた餌を投げたことがあるのですが、その時もすごく怒って。


ずっと、人間に何か投げられてきたのかなぁと思ったのです。


野良ってやっぱり心の底では人間を信用できないのでしょうか。



28168006_412667292489429_5347722645849295060_n.jpg
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 17:51| Comment(1) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする