UA-115490970-2

2018年03月06日

交通事故にあった猫救出26




信玄のご飯に気を付けるようになってあんまりお腹を壊すことはなくなりました。





最近の信玄はお風呂に入っているときも顔をスリスリ摺り寄せてきてくれるし、


今までゴロゴロ言ったことがなかったのに、


ブラッシングしてあげたり、お風呂に入っているとき、ゴロゴロ言うようになってきていて


普通の家猫になってきました。



私が具合悪くて寝ていたりすると静かにしていてくれるのですが、


家にいるなと思うと、お腹減ると「にゃーにゃ―」鳴くようになって



足の不自由な信玄が起き上がって、私の顔が見えるとこまできて「にゃーにゃ―」言うので



なんかかわいそうになって何かしら上げてしまうので



ブクブク太らせてしまったのです。



動き回れない信玄は寝たきりのデブ猫になってしまって



圧迫排尿の時にお腹に何かしこりがあって大急ぎで病院に行ったのですが



その時も体重が増えていて6.9キロにもなっていて




診察台に乗せるとまるでアザラシのようで。




老齢の雌犬によくみられる脂肪腫という事でした。




それ自体は悪くないのですが、あんまりふえてきたリ、大きくなってきたりするとよくないようで。



信玄は、一緒に取った細胞から「炎症細胞も散見されるので脂肪識炎の移行要注意」だそうで



先生から太らせるな!と言われたという事です。




28166760_412666935822798_1650610276217739869_n.jpg



これから私のダイエットで身体にいいキャットフードを探すという使命が始まります。




ラベル:オムツ猫
posted by マミー at 17:03| Comment(1) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

交通事故にあった猫救出25






大みそかの街はいつもとちょっと違う雰囲気で、


人々も大晦日独自の雰囲気でちょっと寂しい感じでした。


中央線で高円寺駅に行くのですが、年末お正月は電車のダイヤがいつもと違うのです。


それを忘れていたので、車内のアナウンスで急いで乗り換えていきました。


高円寺についても街もタクシーもいつもと違う雰囲気で台数も少なく、でも無事にH病院に着きました。


診察中の時のように病院の看板に電気がついておらず、やっているのか不安になったのですが


近くに行くとワンワンたくさんの犬の鳴き声が聞こえてきて


それを聞いたらなんかほっとしたのを覚えています。


中に入ったら、待合室いっぱいにケイジに入った犬が積み上げられていて元気にワンワン吠えていて


先生一人で動いていて、ほかにも動物を連れてきている人もいて


H病院だけは普通の時間が流れているようでした。


私が入っていったらすぐに診察室に入れてくださって


信玄を見てくださって、薬をくれて「もしまたもどすことがあったら連れてきなさい。」と言ってくださいま

した。


その帰りにタクシーで帰ろうと思っていたのですが、いつもこの通りはタクシーを捕まえることが出来なくて


駅まで歩いて帰ったり、バスに乗って帰ったりしていたのですが、この日は運がよく


すぐに捕まえることができて、駅まで行ったのですがそのタクシーの運賃が400円で


「えっ」


そしたら、運転手さんが地元の人には特別400円でやっているんですって言われて


診察料金が休日の特別料金で高かったので、財布がさみしくなっていたので助かりました。



28168006_412667292489429_5347722645849295060_n.jpg





そのあと、静かに新年を迎えましたが、信玄は静かに具合も悪くなることがなくて


正月休み明けまでおとなしく寝ていてくれて助かりました。


きっと、何日か前に近所のN病院でうってもらった注射が信玄には合わなかったのだと思いました。



だから、動物病院も1件じゃなく何件か知っているといいなと思います。



高円寺のH病院は、野良猫の保護や去勢手術を特にたくさんやっている先生なのでたぶん


野良出身の信玄には合っているのでしょう。(と思う事にしています)



近くていい病院、遠くても手術のうまい病院、休みでも見てくれる病院、使い分けるといいかもしれません


ね。


年が明けて近所のN病院で改めてみてもらって、正月に具合が悪くなったことを話しました。


高円寺のH病院のO先生と近所のN病院のI先生は同じ大学の獣医学部で知っているらしいので。


1月はこうして無事に過ぎていきました。


つづく





posted by マミー at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

交通事故にあった猫救出24










28165133_412667912489367_4106458302158770358_o.jpg


去年の12月に入って、なんか信玄の様子がおかしくて


よだれを垂らすようになったのです。


猫は、口の中に潰瘍ができるとよくよだれを出すことがありますが、


信玄は初めてだったのでびっくりして病院へ連れていきました。


原因ははっきりとわかりませんが、薬をもらって飲ませましたが。。。


食欲もなく、何も食べずに寝ているだけで、今まではこんなことなかったので心配でした。


薬を飲ませたら少しよくなったのですが、先生が打ってくださった注射は、いつもと違う行動したり


鳴かなかった子が鳴いたりするので、それは薬のせいですと言われて返ってきました。


変な行動はなかったのですが、なんか酔っ払ったみたいにちょっと様子がおかしくて


でも、おとなしく寝ていてくれたのでそのまま寝かせておいたのです。


年末になって、午前中の診察で見てもらって帰ってきたら、


その夜からまた下痢になって

下痢だけならいいのですが、大みそかの朝、今度はもどしてしまったのです。


年末のもうどこも病院はやっていないときに、私は焦ってしまいました。

正月にずっとこの調子だったら脱水で信玄は危ないから


今日見てもらわないと。。。と


今までで知っている病院に電話してみたのですが、どこも留守電になって


診察してくれるところなんてありません。



ダメもとで、信玄を救出した時の最初のH院に電話してみたのです。


そしたら、O先生が直接電話に出てくださって、


あの懐かしい声で「どうしたの?」


説明したら、これから連れておいで。見てあげるから。自分は今日犬の手術で一日病院にいるからと


「これから連れていきます」と言ってすぐ行きました。


つづく




ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 00:07| Comment(0) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする