UA-115490970-2

2018年04月27日

信玄、血尿が出る。

29389231_421558894933602_6200423631290368000_o.jpg


一度、棒灸で信玄をやけどさせてしまったことがあったり


信玄が体調を崩して、棒灸ができなかったりで


段々、お灸をさぼっていたのです。(自宅で先生から棒灸を譲ってもらってやっていたのです。)


そしたら、段々自分でおしっこ出す量が減ってきて


こりゃいかん、まずいぞ!となって慌てて先生の所に行ってお灸を再開したのです。


そしたら、先生がおしっこがたまってますよ。


カテーテルで出しましょうか?と言われて


えっ、出してくれるんですか?って出してもらったら出るわ出るわ。


搾り切らないおしっこが、最初はキレイなおしっこだったのが


最後の方のおしっこはちょっとにごっていて、本当の最後はちょっとピンク色。(ちょっと血尿という事です)


でも、最後の先生は膀胱をアロマのオイルで洗ってくれて。。。


あーよかったと安心して帰ったのです。


そしたら、今まで全然でなかったおしっこが。。。しっぽをフルフルってさせるとおしっこが出ているのですが


しょっちゅうフルフルさせて。。。


アロマのいい香りのおしっこでした。


その日はそれで安心していたのですが


つづく
posted by マミー at 22:00| Comment(2) | オムツ猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

信玄、血尿が出る

25182204_384463928643099_4759386839549268137_o.jpg


信玄はチュールが大好き。チュールをもらうためなら猫なで声(ねこだけに)で私を呼びます。


でも皆さんご存知のように、信ちゃんはデブ猫のくくりに入るのです。


だから、私もおいそれとチュールを上げるわけにはいきません。


カリカリの下にちょっとチュールを隠してあげるとか。。。


カリカリの下に完全に隠してカリカリ&ふりかけちょっと。。。とか


チュールじゃなくご飯を食べなさい!!


戦っているのですが信玄は全然、カリカリをほりほりしてチュールだけなめて終わり。


デブ猫にしないように今以上太らないように努力をしているのに


いまのところ「信玄の勝ち」!!


なぜ太るとダメなのか。。。それは圧迫排尿ができなくなるから。


うちに保護されたあたりはまだやせ細ったねこだったので膀胱は水風船のように簡単に触れて


簡単に搾ることができたのですが。。。


今では腹に皮下4センチの脂肪(先生曰く)


かすかに触る膀胱も搾ること叶わず


信玄もおしっこ搾ることを段々嫌がるようになって。


苦しそう。


だからちょっとしか搾れないのです。


でも、鍼灸の先生の施術で自分でおしっこを出すことができるようになっていたので


安心していたのに。。。




つづく
ラベル:半身不随
posted by マミー at 21:58| Comment(4) | 圧迫排尿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

うちの猫・タラのこと2


タラがうちに来て2年くらいたった頃でしょうか。


娘が遅くに帰ってきて、電車も終電の時間も過ぎていたので


市内のタクシーで帰ってきたそうです。


そしたら、運転手さんと猫の話になって。。。


その運転手さんが、猫を2匹飼っていて普通の猫ちゃん♀と黒猫の子猫♂。


ある日、その猫ちゃんを


外に出したらその♀猫ちゃんは帰ってきたけれど


黒猫の方は帰ってこなかったんだよね。


3月の話で。。。って。


「どこかでいい人に飼ってもらってるといいなぁ」って言っていたそうです。


写真もあるわけじゃなく、うちの娘もタラの写真を見せたわけでもなく


子猫の時に逃げて、今はもう大人の猫になっていたら面影なんて分かりませんよね。


うちのタラって、3月の末に拾ったのです。


それも見かけたことのない公園で。


でも、タラは首輪もしておらず。。。でも、首輪の跡はありました。


だから、捨てられたのかなぁって勝手に思っていたのです。


でも、猫を飼っている人ならわかると思いますが、猫の首輪って


簡単に外れるように作ってあるのです。


その話のあと、家でもしかしてタラって。。。。その猫ちゃんだったのかなぁ



そのあと、その運転手さんに会う事はなく


真相はタラのみぞ知るです。


でも、タラって最初から主人によくなついて


飼い主はたぶん男の人だったんだねって話していたのです。


不思議なめぐりあわせ。


146453295807462500929.jpg
posted by マミー at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする