UA-115490970-2

2018年04月24日

うちの猫・タラのこと

30742182_432407567182068_6511046502339575808_n.jpg

タラがうちに来てもう4年目に入ります。

見かけない黒猫のちょっと大きくなりかけの子猫が歩いているのを見かけて、私は仕事に行きました。

「この辺の子じゃないなぁ」


その夜、すっかり子猫のことを忘れていたら、公園にいた娘が呼びに来るのです。


黒猫がすっごく人懐っこいよって。


見たら、今朝の黒猫ちゃんでした。


足元にスリスリ。


誰かが上げたであろう空っぽの猫缶もおいてありました。


その時はどこの猫か分からないし、誰かが探してるかもしれないのでそのままにして


猫を連れて帰ることはせずに帰りました。


2〜3日、考えて、その子猫がまだいたら家に連れて行こうと思っていました。




うちにはもう15年くらい前になりますが、同じような鍵しっぽの黒猫を飼っていたのです。


でも、その子は野良出身だったので、外が好きで外に行きたくて


窓から何回も脱走して、そのたびに捕獲されるを繰り返していました。


ところが、ある大晦日、突然、目が見えないかのようにいろんなものにぶつかって


徘徊するようになって、おしっこもどこでも垂れ流しになってしまって、


私が捕まえて、オムツをする毎日でした。


なぜそうなってしまったのか原因も分からずに、病院に行ったときには手遅れて


なすすべもなく毎日、徘徊して物にぶつからないようにするしかできなくて、


3歳の若さで亡くなりました。


もっと、きちんと最初から病院に行って体調管理をしておけばよかった。


なんでしなかったんだろうと、後悔しかなかったのです。



そんな思いを抱えていた私はそっくりのタラを見て、今度は後悔しないように


きちんとこの子を守ってあげようと思って、2〜3日後にまだ公園にいるところを保護してうちに迎えました。


今度は後悔しないようにきちんと猫のことを勉強して、守ってあげようと思ったのです。
posted by マミー at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

交通事故から1年になります。

30741435_433274477095377_807938723390947328_n.jpg




信玄が交通事故に巻き込まれたのは、5月です。


もうそろそろ1年が過ぎようとしています。



今でも、動物病院に連れていくと他の猫たちとは全然違う、耳はちぎれてる、鼻先は毛がはげてる、


耳には痘痕のような跡が残ってて完全に野良とわかる風貌で、でもにゃーとも鳴かないで


寡黙にキャリーバックに入っているところを見ると貫禄があります。



ねこの一年は人間でいう4年で、もう4年たったことになります。


私が信玄を救助に行ったのが、事故から2日半たっていたので


人間でいったら1週間ほどほっておかれたことになります。


うちのもう1匹の猫、タラの耳はビロードのように綺麗な毛皮ですが


信玄はその2日半の間にやぶ蚊に襲われて、耳はボツボツなって毛皮ははげたようになっています。



私が救助に行ったところは本当にやぶ蚊が多くて、私たちも救助に行ったときに


たくさんのやぶ蚊に襲われ、私は長そでGパンで行ったから大丈夫でしたが、


血尿が出て、垂れ流しで異様なにおいをさせたケガした猫はどんだけやぶ蚊に襲われたか


考えてもぞっとします。


動けなくて逃げれなくて、どんなに絶望的だったか。


今は元気になりましたが、その耳はそのまま、治りません。


触るとブツブツになっていて。。。。


今日はその耳を写真に写そうと頑張ったのですが久しぶりに「シャー」と言われました。


もう15歳はいってるだろうと言われている信玄があとどれくらい生きてくれるか


分かりませんが。。。長生きしてほしいと思います。


30742948_433274420428716_3173200440481284096_n.jpg



この写真は、ケイジの外から写したので柵がちょっと写っていますが、信玄は写真を嫌がって下を向いてしまう中、


唯一、鋭い眼光が映ったやつなので載せてみました。
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 22:10| Comment(3) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

結構、猫のことって知られていないですね。

30742182_432407567182068_6511046502339575808_n.jpg





私はずっと猫を飼ってきているので、私にとっては当たり前のことが



猫を飼ったばかりとか飼ったことない人には「へ〜」という事があるらしいです。



例えば、猫は風呂は嫌いだけれど、水の流れるところは好きだし、風呂場に入るのは好きとか。



猫は💩した後、ダダだぁーって走り回る💩ハイがある事とか。


水を飲む場所はたくさん、猫の通路に沿っていくつか置くといい。


トイレは飼っている頭数+1の数置いたほうがいい。


猫は具合が悪いのを隠すので、具合が悪いのは早く見つけてあげないとダメ。


1日ほっておくことは、人間の4日に相当することや


アロマがダメで、百合とか。そのほか、人間の食べるものもチョコとかあげたらだめ。


もちろん、ネギはだめ。


でも、いまでも獣医さんの所で色々質問して「へ〜、そうなんですね。」っていう事も多いです。


やっぱり、子供と同じで毎日、観察して、何か変わったことがあったらなるべく早く病院に連れていくこと。


最近は、猫専門の病院も増えてうれしいです。


ただ、生まれたばかりの子猫を保護して育てている方がいますけれど、それは尊敬します。


2時間おきの授乳やおしりを刺激して排尿させたり、💩させたり。


母猫の代わりをするのです。


だから、いまの子猫の多い季節は大変なのです。


いろんな人が子猫を拾ったと持ってくるから。


一人で何匹もお世話できませんから。限界があるのです。


だから、子猫が増えないように去勢手術をしましょうと呼びかけるのです。


簡単に子猫を捨て、野良猫の死亡率は子猫の割合が高いのです。


簡単に捨てて、虐待を受けたり、何のために生まれてきたのって言いたくないから。



ラベル:保護施設
posted by マミー at 19:23| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする