UA-115490970-2

2018年04月08日

交通事故にあった猫救出&うちの猫7


信ちゃんはチュールが大好き。

一日、何本でも食べちゃいます。

マグロよりとりささみが大好きで。

チュールって細長いのですが、それが何本分も入ったチャオチューブっていう、チューブになっている

そのまま、餌にかけたりできるやつがあるのですが、

黙っていたら2日でなくなります。

だから、今はチビチビ細いチュールを1日2本って決めてあげているのです。

それじゃ足りないよー って鳴いてきます。

30414602_429007707522054_6438894599409762304_n.jpg


先生から、痩せないとダメだよと言われても、半身不随で動けないし

ケイジの外にはまだ出てこれないのです。

ケイジが唯一の安全な場所って思っているらしくて。

ケイジの外にだんだん出すようにするのが、これからの課題です。

前は、手で餌をあげれなかったのが、今ではチュールを直接口にもっていって上げれるようになったし

ケイジの中に転がった食べ残しの餌を手を入れて拾うのも大丈夫になってきたので

進歩です。

30415295_428938140862344_7442403292824469504_o.jpg

これは今日、チュールを頂戴って鳴いてせがんでいるところです。

いつもはこの中で寝ているのですが、この時ばかりは不自由な足で立ち上がって

私がいる場所の方を向いて催促してきます。

こんな写真を撮れるようにもなってきたし。。。

前はカメラを向けると「シャー」といって向こうを向いてしまったから。

写真を撮るのも怖かったですよ。

でもちょっとずつ、慣れてきて普通の猫のようになってきたような気がします。

ただ、体重を何とかしないといけません。

お腹の脂肪で圧迫排尿も大変で

うちに来たばかりと時は、脂肪もなく全部絞りきることができたのですが

今は、おなかの脂肪で触ること自体も難しくなって。。。

それが今の悩みです。

また、A先生の所に行って鍼灸をしてもらおうと思っています。

鍼灸をしてもらうとちょっとは自分で排尿ができるので。

ちょっとずつ改善できるといいです。



信玄を助けることになったいきさつはこちらです。
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 17:05| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

交通事故にあった猫救出&うちの猫6

今日は信玄ではなく、うちにいる猫3匹のうちの唯一女の子のウニちゃんです。

この子は家に来て、1年3ヶ月過ぎました。


26219151_395196307569861_5265122549437956468_n.jpg

多頭飼い崩壊の現場から、NPO法人の猫の保護団体が救出保護した子のうちの1匹です。


他の多頭飼い崩壊現場と変わらずにひどい現場で


屋根があるだけで外と変わらないような状態でした。


病気の子もたくさんいて片目がない子や目がふさがっている子。


悲惨な状況を助け出されたのです。


お爺さんが野良猫がかわいそうだからと家に入れて、きちんと世話ができずに


段々増えてしまって、そのお爺さんが倒れてしまったと聞きました。


ウニは、子供の頃の病気が原因で眼球のガラス体がなく


白い膜が張ってしまって、見えない状態です。


涙も全然なくて、完全なドライアイです。


一日4回の目薬が欠かせません。

26229956_395196227569869_7226411210304801311_n.jpg


時々発作のようなくしゃみ連発で、鼻血を出したり血の塊を出したり。


寒さにも弱く、寒いとせっかく食べたカリカリももどしてしまいます。


うちに来た時は、体重が2.3キロしかなく痩せこけていました。


今は、少し体重も増えて2.7キロになりました。


目が見えないのに、元気に走り回っています。


だから、ちょっとは見えるのだと思いますが


白い膜が目に張っているので、うちの白いドアにはぶつかってしまったり


おもちゃも白いネズミだとどこにあるか分からなくなってしまうのです。


だから、音のするおもちゃとか黒いネズミとか用意しています。


ここのところ、ずっと暖かくてウニも活発に走り回っていたけれど


今日は急に寒くなって、私のふとんに潜り込んできました。


ホットカーペットは夏でも敷いたままです。


ウニちゃんのふとんにはあんかがずっと入っています。


この子も赤ちゃんの時はきっと綺麗な目をしていたんだろうな


時々思います。


飼う人間によって動物の運命って決まってしまいます。


どうか飼ったら、きちんと飼ってあげてください。


飼ったら、最後まできちんと責任をもって飼って欲しいと思います。





ラベル:猫の病気
posted by マミー at 16:37| Comment(3) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする