UA-115490970-2

2018年10月21日

twitterを見ていると

たぶん事故にあった猫だと思うのですが


動けないで保護されたのですが、それがただ保護するだけの



病院へ連れていかないでほおってただそこに寝かせているだけの状態で。


ご飯も食べませんと書いてあります。


うちの信玄が交通事故にあったときのことを思い出しました。


バイクにはねられ、おそらく何十メートルも飛ばされただろうって


先生は言ってました。


牙は折れ、頭にも傷を負って、下半身は動かず



血尿が出ていて、垂れ流しの状態で。


凄い臭いがして。。。


その山口で見つかった猫もたぶん同じような状態だと思うのです。


写真で下半身濡れていました。


病院へ連れていかないと命に関わる。


でも、それを人に強制できない。


信玄はたまたまうちの近くだったので助けましたが


山口の猫は助けに行けないです。


動物は保険がきかないので、入院になって手術になって


その費用はたぶん何十万もかかるんです。


私は自分の好きでやりましたが


同じことを他人にやれとは言えないです。


でも、見捨てないで助けてほしい。


かと言って、家にもう半身不随の猫がいるので


これ以上無責任に私が面倒を見ますとは言えない。


むかえに行きます、お金を出しますって言えない自分が情けない。


無力感ですね。


あちこちで助けたい動物がたくさんいて、


1日300円でもっとその運動を広めましょうって言われますが


その1件だけでなく助けたい動物はいっぱいいるのです。


お金があれば、助けられる野犬や野良猫たくさんいます。


助けてあげたい。


でも現実では。。。動けないんです。


情けないです。


病院に行って、血尿を出してやって、点滴をしてやれば


ご飯を食べて、元気になります。


それだけの事、してあげたいです。
posted by マミー at 01:20| Comment(0) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

好みが変わったタラ・信玄

39441154_518881628534661_310658489212993536_n.jpg

タラは、昔はウェットキャットフードでもドライキャットフードでもなんでも食べていたのが


何年か前のある日突然、ウェットを食べなくなって


それからしばらくずっとカリカリだったのですが


そのカリカリも、飽きると思っていろんなものを上げてみても


同じものしか食べなくなったのでここしばらくそれを上げ続けていました。


最近、そのカリカリを上げてもあんまり食べずにおやつを欲しがってくるので


何でカリカリ食べないのか、何が欲しいのかわからなかったのですが


そんなにおやつばっかり上げるわけにもいかず。



先日、娘が鮭のほぐしたやつの瓶詰をご飯のおともに食べていたら


妙に興味をしめすので


ウェットフードを上げてみたら食べる食べる。


えっ、猫でも好みが変わるってあるのかなぁ。


全然、興味をしめさなかったのに、今はカリカリもちょっと食べながら


ウェットフードも半分食べています。


44038422_550538365368987_8484878815766511616_n.jpg


それを見ていた信玄が臭いに反応して食べたそうなそぶり。


えっ〜。あなたもウェットフード、見向きもしなくなっていたのに


食べるの?ってなってタラの残した半分を上げたら食べる食べる。


何なの、あんたたち。


秋には好みも変わるんですか?


という事で、この御二方、太らせたくないのですが


ウェットフードがいいという事でしばらくは二人で1個を半分ずつ上げてみようと思っています。


猫って何でもいいのかと思っていたら、好みはうるさいし


カリカリ食べたり、ウェットフード食べたり


分からんなぁ。
posted by マミー at 17:46| Comment(0) | ペットフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

今のウニちゃん

37221769_485357641887060_6010167338970644480_n.jpg

これは今のウニです。


43880238_549627832126707_8573549884471246848_n.jpg


これは保護されたときのウニです。


何があって、誰にされたんでしょう。


多頭飼いの現場はたぶん、悲惨なものだったのでしょう。


目が悪いからなんて容赦してくれない。


生きるか死ぬかの毎日だったのでしょう。


ウニは、頭が良くて、だから生き延びれたのだと思います。


でも、危なかったそうです。


助けるのが遅かったら、たぶん生きていなかった。


身体が小さくて、猫風邪ひいていて


そんな現場で生き延びたウニを見ていると


ちょっとのことで「疲れた〜」「会社行きたくない〜」って言ってる自分を反省します。


あの時のウニに比べたら、こんなこと!って


歯を食いしばれるのです。


こんな小さな体で頑張っているウニに自分を重ねてしまいます。


おばちゃんももう少しあなたたちのために頑張るよ。


他のかわいそうな猫たちのためにも頑張るよって、思える。


私にこんな力を与えてくれる猫たちの力って改めてすごいです。



42094425_538946946528129_1970517294459125760_n.jpg


41452223_534720176950806_178391380740014080_o.jpg
ラベル:保護猫
posted by マミー at 12:35| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする