UA-115490970-2

2016年05月30日

保護猫

今日、駅前に保護猫募金箱が置いてあって、
女の方が、寒いなか立ってた。

傍によってみたら、保護猫カフェを作る募金

らしい。

福島の保護猫譲渡とか活動してる様子が、書

かれていた。

この春に生まれた子猫も沢山いますと言うこ

とで、もう一匹保護猫を飼いたいと思ってい

た私は、見に行きたいと思った。

一人では何も出来ない。力も余りないが、皆

で力を合わせれば何かを動かせるかもしれな

い。

一匹くらい保護して、なんになるんだろうか

と、思うかもしれないが、全てのことは、1

からだ。

それに、幸せに暮らせる猫が一匹増えること

になる。

お金も少しでも餌代の足しになればと祈らず

にいられない。

虐待をされる犬猫は何も言わない。人間に何

もしない。でも、人間と同じように恐怖は感

じるし、震えるし心臓ドキドキなる。

そんな弱い動物をむやみに置き去りにしたり

ネグレクトしたりしたら、罰が当たらない訳

がない。虐待するひとは、幸せには死ねない

と心からおもう。

一匹でも、幸せになる犬猫が増えることを祈

って少しでもまた募金しよう。

posted by マミー at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: