UA-115490970-2

2016年06月07日

保護猫

先日、日課にしているツイッターを通勤電車の中で見ていた。

私のツイッター仲間は大体、犬や猫を飼っている人たちばかりで、愛犬や愛猫の写真が朝から載っていて

愛らしいものばかり。

時々、残酷な記事も載っていて。

その時は、若い女の人の投稿で、黒い子猫のしっぽが何者かに火をつけられ、体は黒いのにしっぽは焼けて

黒い毛はなくなり裸の焼けただれた状態の写真がアップされてた。

それなのに、子猫は人の後をついて歩いていたらしく、女の人は「人間にされたのに、人間についてきて」って

書き込んでいた。

私は見ていられなくて、その時は違う投稿を見て、ぼおっといてた。

会社についてしばらくして、ハッとして

なんで見て見ぬ振りができるんだろうと自分に問いかけ、その子猫がまた人に付いて行って、もっと面白がって

虐待されたらどうしようと急に心配になった。

でも、投稿者は沖縄、車のナンバーが沖縄だった。

東京にいる私に何ができるんだろう。

そう思った私は、その女の子にツイートをした。

「病院に連れて行ってくれませんか?また、虐待される前に、お願いします。」と。

「治療代は払います。猫を迎えに行きますから。」

しばらくしたら、その子から返信が。

「今、子猫は病院に「入院中です。よくなったら必ず連絡します。」と約束してくれた。



それから、何日たっただろう。

今日、返信が来て、子猫は無事治り、保護してくれる人も見つかったと。

よかった。本当によかった。

いい人に巡り合えた子猫も幸せで、私も幸せを分けてもらえた。

沖縄から東京までくる子猫の体の負担もちょっと心配だったし、子猫の状態も心配だったし。

でも、今日は安心した。ほっとした。

一匹の子猫が幸せになれてよかった。

かわいがってもらえるといいねa0960_004059_m.jpg


posted by マミー at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: