UA-115490970-2

2018年02月23日

交通事故にあった猫救出18






保護した最初は本当に飢えていたようにガツガツ何でも食べました。


それも、飼いネコのように時間が決まっていてご飯を与えられるのと違って、今出されたものを食べないと


いつ食べれるか分からないという野良猫の食べ方でした。


保護した当時は3.5キロ。


前足も大きくて、首も太くて首輪をしていたあとは一切なかったのですが、眼光鋭くとがっている印象でした。


野良って平均寿命3年といわれています。


交通事故、病気、飢え、虐待などで長生きできないのです。


その厳しい環境の中で15年も野良をやってきて、こいつはただ物じゃないと思いました。


もしかして、そこら辺では有名な野良のボスだったんじゃない?とA病院のM先生にも言われました。


今頃、みんなは「あのボス最近見かけないけど、死んだのかなぁ」って噂をしていたでしょう。


DSC_0600.JPG


だんだんそれまで、ガツガツ食べていたウェットの餌を残すようになりました。


食べないので、いろいろ買ってきて食べさせたのです。


それがいけませんでした。


舌が肥えてきて、餌を選り好みするようになり、1番好きなものはチュールになってきました。



信玄は見ていると水を飲まなかったから水分補給のためにウェットの餌をあげていたのですが、


食べなくなってきて、カリカリに移行してくると水も一緒に上げないとなりません。



そのころ、圧迫排尿でどうしても汚れがちになってしまうお尻を毎日、お風呂でお尻浴していたので、


お風呂上りに試しに牛乳をあげたら、これがゴクゴク飲んだのです。



初めてあげるものは少量からと、子供を育てた経験から知っていましたが、あんまりおいしそうに飲むので


朝と晩に牛乳をあげたら。。。。


次の日から大変でした。


またまた、下痢になって、それもひどい下痢でした。


水分補給のために上げた牛乳で下痢をして、逆に脱水状態にしてしまう。


本当に自分が情けなくて、何やってんだろうと自己嫌悪です。


それで、またしばらく病院通いです。


つづく


25394979_384817598607732_359341228862350880_o.jpg



26112045_390658181357007_4307454776015476056_n.jpg







ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 12:11| Comment(0) | オムツ猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: