UA-115490970-2

2018年02月25日

交通事故にあった猫救出19








信玄が下痢をすると毎日毎日、お尻を洗ってあげないとならなくて、仕事に行っている間にされてしまうと本当に家中が


臭くて、仕事から帰ってきてすぐやることが信玄のお尻洗いとケイジの清掃でした。


一日に何回もやられると今度タオルが乾かなくて、家中洗濯物だらけでした。


猫はキレイ好きなので、自分が汚したところは避けてケイジの隅に避難していますが、足の不自由な信玄は


それでも身体を汚してしまう事もあって、


最初の頃はお尻を洗われるたびに「何すんだ」という態度でしたが、段々、洗ってくれると分かってきたようで


おとなしくなっていきました。


きちんと乾かさないと今度は皮膚病とかの心配があるので、ドライヤーで乾かしてキレイにしたケイジに戻すの繰り返しでした。



DSC_0651.JPG


病院に行って薬をもらってくるとおなかの調子はいいのですが、


しばらくするとまたおなかを壊すの繰り返しで、特に牛乳は飲ますのが怖くなってしまって飲ますのを止めていました。


A動物病院に行った時、M先生に相談をしたら


「それは乳糖がダメなんだから、乳糖の入っていない牛乳あるでしょ。それにしたら?」とアドバイスくださったので


早速、人間ものむアカディ牛乳を買ってきました。


恐る恐る飲ませたら、これが人間と一緒ですね。


驚いたことにおなかを壊さなかったのです。


やっぱり、病院の先生ってすごいって思いました。


猫用の牛乳って高いので、人間用の牛乳だと助かります。


期限が近くなったら、人間が飲めばいいし、経済的です。


いよいよ、信玄がおなかを下さない猫用フードを模索し始めます。


つづく






posted by マミー at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: