UA-115490970-2

2018年03月13日

交通事故にあった猫救出30

28166402_412667509156074_1273644181031387027_n.jpg

信玄は、根っからの野良猫です。


首も太く、首輪の跡もなく、手も大きくがっしりしています。


野良猫の平均寿命3年を軽く超えて厳しい環境で生きてきたわけで


どんな生活をしてきたのでしょう。


最初は、耳が欠けていたので“さくら猫”かと思ったのです。


(野良ネコを去勢手術すると耳をカットして桜の花びらのようになるので)


でも、錦糸町のT先生は「これ去勢してないなぁ」と。


野良猫の保護団体にも捕まらずに15年も生きるってどれだけ用心深いのでしょう。


人間になれた野良猫は捕まって虐待を受けたりするので


いっそ、危ない人間に近寄らないのが長生きの方法ともいえます。


でも、それは苦難のみちです。


保護した時は、3.5キロで軽々と持ち上げられましたが


今はアザラシみたく太ったので「よっこらしょ」となります。


時々は、鳴いて甘えるのですが


ケイジの中では、私が頭を突っ込んで(私は目が悪いので奥まで突っ込まないとよく見えないのです)


圧迫排尿していると痛いのか、頭を猫パンチでぺシぺシされたことがあって


朝、いっぺんで目が覚めました。


なんだろうか。


あと、ケイジの中を掃除しているときも猫パンチをお見舞いされることがあります。


そこが縄張り?


子猫の時から飼っている子たちとはちょっと違う。


心のどこかにまだ人間を信用できない何かトラウマのようなものがあって


黒猫のタラは、きびなご(乾燥小魚)を近くに投げてやって普通に食べているけれど


信玄は今は大丈夫だけれど、最初に「シャーシャー」言われて怖いから


こぼれていた餌を投げたことがあるのですが、その時もすごく怒って。


ずっと、人間に何か投げられてきたのかなぁと思ったのです。


野良ってやっぱり心の底では人間を信用できないのでしょうか。



28168006_412667292489429_5347722645849295060_n.jpg
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 17:51| Comment(1) | 半身不随 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ訪問&こめんとありがとうございました。

信玄君とマミーさん、ダイエット中なんですね
実は私もダイエット中なんです!!
一緒に頑張りましょうね♪

Posted by sakuraママ at 2018年03月15日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: