UA-115490970-2

2018年03月28日

交通事故にあった猫救出&うちの猫4

最初保護した時は、毛づくろいというものをしているところも見たこともなく

猫が生命力が強くて、事故直後に見てもらったO先生も

「すぐガツガツ餌食べるよ」って言っていたのですが

人間に比べると生命力が強いというだけで

やっぱり救助されたあたりは体力的に大変だったのだろうと想像します。

最近の信玄は、普通の猫のように顔を洗ったり

身体をなめて毛づくろいをしていることがあります。

それも今までは感覚がなくて何も感じなかったのだろう後ろ脚も

お風呂の跡、なめていることがあるのでそれなりに感覚が戻っていて

足と認識しているのだろう。うれしいことです。

手術してもらったT先生が自分のしっぽを食いちぎるやつもいるから

若しかしたら切らないとならないぞと脅されていたから。

しっぽは歩いたりするときのバランスをとったりするのに必要ですが

もう歩けないし信玄には必要ないものなのかもしれません。

でも、今でもおしっこするときはしっぽを見ていると分かるし

重要な役目があるんだと思うので切らなくてよかったです。

29389231_421558894933602_6200423631290368000_o.jpg

野生動物は強いのでなければないで他の物で補って生きていきます。

人間が一番弱いんじゃないかと思うくらい。



今日、ツイッターで見つけた記事です。



いま、ちょうどキャットフードって飼ってきて与えるだけでいいのか

飼い主がもっと犬や猫に与える食べ物についての知識を持たないと動物たちは長生きできないんじゃないかと

思って勉強を始めたところだったので、この記事はちょっとショックでした。

これって、動物の食べ物に関わらず、人間の食べ物を気を付けないといけない時代になってきていると

思うのです。

知識をちゃんと持って、食べるものをきちんと観察して自分の食というものを守っていかないと

いけないと思う。

信玄を助けるいきさつはこちら
posted by マミー at 13:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。信玄君、普通の猫ちゃんの感覚を取り戻してきてよかったですね。交通事故は本当に可哀想ですが、マミーさんに助けられてよかったと思います! 食の安全意識が人間だけでなく、動物のフードにも浸透してほしいですね。
Posted by きなこ at 2018年03月30日 17:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: