UA-115490970-2

2018年10月04日

猫の柄(色)によって性格が違う?

うちのタラは黒猫です。


30742182_432407567182068_6511046502339575808_n.jpg



甘えん坊ですが、ビビりで来客が来ると隠れて出てきません。


黒猫は一般的に、穏やかで友好的と言われているそうですが、


自然界で単色の黒は目立ちやすいために警戒心強めで怖がりらしいです。


うーん、当たっているかも。


うちのウニは茶トラですが


茶トラは友好的で呑気でおしゃべりが多いそうです。


41860499_537413803348110_5165598832376938496_o.jpg


そういわれれば、ウニはよくにゃんにゃん鳴いてお話してくれますし


楽観的って言うかカラっとしていますね。


白猫も飼ったことがありますが



一般的に繊細でマイペースだそうです。



そういわれると、マイペースだったかも。


グレーもいますが


30716170_432116830544475_4024996522335666176_o.jpg


グレーは人懐っこく、怖がりの性格で二面性ありだそうです。


うーーーーーん、こいつは狂暴だけど。。。どうなんだろうか。


性格っていうより太さが気になる。


痩せないとダメよ!


わからん。ちなみにシドといいます。


もともと、白い猫って言うのはいなくて、


中世以降、人間と暮らし始めてから確認された色だそうで


いわば自然界を知らない猫という事で甘えん坊が多いらしいです。


他の色の猫でも、白が入ると甘えん坊度が増すらしいです。


じゃあ、うちの信玄はハチワレ


32076794_442301019526056_8016100512845791232_o.jpg


黒の性格に甘えん坊が入っているという事でしょう。


さび猫はかなりの気分やさん。


シャムネコは穏やか、かつ慎重。


サバトラは注意深い“だけ”らしい。(笑)


キジトラはちょっとワイルド。


三毛は守りが強い傾向だそうですが、当たっていますか?


その他、猫の種類によって性格があるって言うのも面白いですね。


ホントに3匹いますが、みんな違いますからね。


そういう比較も面白いかも。




posted by マミー at 18:05| Comment(0) | いえねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: