UA-115490970-2

2018年10月08日

今日はNPO法人ねこけんさんについて

26229956_395196227569869_7226411210304801311_n.jpg

家のウニちゃんは、このねこけんさんから譲渡していただいた猫です。


この時は練馬の多頭飼い崩壊現場でたくさんの猫をレスキューしていて、うちのウニもそこから救出してもらった猫です。


2018-04-26_213555.jpg


でも、現場は衝撃的なほどひどい状態で死んでしまった猫や病気の子、奇形のある子がたくさんいたそうです。


2018-04-30_114928.jpg



うちのウニは子猫の時の猫風邪で目が弱視で今でもドライアイで毎日4回は目薬をしないと乾燥してかわいそうな状態になります。


うちに来た時は身体が小さくて、人なっつこいのに近づくと、「シャー」って小さな声で言ってました。


この子はこの小さな体であの過酷な現場で隠れたり、猫同士くっついて寒さをしのいで生きてきたんだなぁって。


涙が出そうでした。


今は活発で、猫タワーのてっぺんに平気で乗るし、


他の猫のいくところはどこでもついて行きます。


時々、落っこちてしまう事もあるけれど、賢くて自分が登れないと思うところには


登らないので、落ちても怪我したりはないです。


もう一匹の信玄ですが、野良なのですが


交通事故にあって、どうしたらいいのってなったときに


ねこけん代表の溝上さんが動物病院やらいろいろ教えてくださって


病院に駆け込んで今の信玄がいます。


テレビでも保護にゃんハウスでよくお見掛けしていました。


テレビでは全然見せませんが、手にすごい傷を負って包帯ぐるぐる巻きっていう時もあったり


身体を張って、ねこの権利、ねこの生きる権利のために頑張ってくれています。


どうか、ねこけんさん、応援してください。



今、ねこけんの千葉支部を立ち上げて、市原の方でボランティアを募集しています。


お近くで手を貸してもいいよっていう方はどうかお願いします。



ねこの生きる権利のために御手伝いお願いいたします。







posted by マミー at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: