UA-115490970-2

2018年10月30日

圧迫排尿は難しい。

44807332_554416248314532_7534641714120622080_o.jpg


信玄、交通事故にあったときに去勢手術と一緒に尿道形成の手術をして


圧迫排尿になりました。


私は全然経験がなかったので、それに目の前で「シャーシャー」言って、


耳を後ろにペタンとつけて威嚇して隙あれば猫パンチを出してくる


狂暴な野良猫に恐怖も感じていたので


圧迫排尿なんてやる自信がなく、


28168252_412668109156014_1368662758731496769_n.jpg


最初はカテーテルを入れてもらって帰ってきたのです。



その晩はよかったのですが、2日目くらいでしょうか


そのカテーテルは簡単に外れてしまい


仕事から帰ってきた私は「えっー、どうしよう」ってなったのですが


仕事を休めるわけもなく、病院も遠いので行ける気がしなく


その時、こいつの命は私にかかってると覚悟を決めて


信玄と戦う覚悟をしたのです。


人間、覚悟すると何でもできるものです。


毎日、毎日、朝晩、仕事行く前と帰ってきてから


圧迫排尿をする日々が始まりました。


それから、1年ほどして血尿が出て、膀胱炎の症状でした。


おしっこも出にくくなってきて、血尿の繰り返しで


もう一回、尿道形成の手術になったのです。


そしたら、また快適におしっこが出るようになったのですが


前回とは圧迫するコツっていうか、搾る場所が違ってきて


むずかしくなってきたのです。


それで、今朝もおしっこがあんまり出ないって悩んだのですが


今日、仕事から帰ってきたらシートにおしっこがちょっと出ていて


朝、私がうまく搾れなかったおしっこがたまっていたみたいで


信玄が動いた拍子にもれたらしく、


あーよかった、おしっこが出てるって安心しました。


夜、圧迫排尿したら沢山たまっていました。


よかった。おしっこのが量が減っても困るし


おしっこの出が悪くなるとまた病院に連れていかないといけないし


とりあえずよかったです。


でももっと上手におしっこを出してやらないと


また膀胱炎になってしまったら大変です。


まめに出してやらないとと自分に言い聞かせています。


圧迫排尿は難しい。



ラベル:膀胱炎
posted by マミー at 00:14| Comment(0) | 圧迫排尿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: