UA-115490970-2

2018年10月09日

インスタ映える猫?





黒猫はインスタ映えしないからと捨てる人がいるそうで。



呆れますね。



何を大事に生きているのでしょうか?



猫の写真家の岩合さんの猫と京都の写真。



竹林の中にいる黒猫の綺麗さ。



あれは黒猫だからこその綺麗さで。。。



それが分からないなんて、一体その目で何を見ているのですか?



まえにグラビアタレントがちっちゃいプードルが流行った時に買って



流行りが廃ったら今度はマメシバが飼いたいと言い放って炎上しましたが



どんな柄の猫だって飼ってしまったらもう可愛くて



大切な家族なのに。。。



命はファッションじゃないです。



人間と同じ一つの命です。



愛されれば分かるし、人間と同じように怖いとか悲しいとか分かる命です。



それを邪険に扱うと自分に返ってきますよ。



犬猫は絶対に恨み言は言わない。不満も言わない。



だから、その代わりに声を上げるのです。



何も泣き言を言わないもののかわりに。



それぐらいわかってもいいと思うのです、人間ならば。



他のものの心の痛みとか悲しみとか。



インスタ映えって。。。




posted by マミー at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

今日はNPO法人ねこけんさんについて

26229956_395196227569869_7226411210304801311_n.jpg

家のウニちゃんは、このねこけんさんから譲渡していただいた猫です。


この時は練馬の多頭飼い崩壊現場でたくさんの猫をレスキューしていて、うちのウニもそこから救出してもらった猫です。


2018-04-26_213555.jpg


でも、現場は衝撃的なほどひどい状態で死んでしまった猫や病気の子、奇形のある子がたくさんいたそうです。


2018-04-30_114928.jpg



うちのウニは子猫の時の猫風邪で目が弱視で今でもドライアイで毎日4回は目薬をしないと乾燥してかわいそうな状態になります。


うちに来た時は身体が小さくて、人なっつこいのに近づくと、「シャー」って小さな声で言ってました。


この子はこの小さな体であの過酷な現場で隠れたり、猫同士くっついて寒さをしのいで生きてきたんだなぁって。


涙が出そうでした。


今は活発で、猫タワーのてっぺんに平気で乗るし、


他の猫のいくところはどこでもついて行きます。


時々、落っこちてしまう事もあるけれど、賢くて自分が登れないと思うところには


登らないので、落ちても怪我したりはないです。


もう一匹の信玄ですが、野良なのですが


交通事故にあって、どうしたらいいのってなったときに


ねこけん代表の溝上さんが動物病院やらいろいろ教えてくださって


病院に駆け込んで今の信玄がいます。


テレビでも保護にゃんハウスでよくお見掛けしていました。


テレビでは全然見せませんが、手にすごい傷を負って包帯ぐるぐる巻きっていう時もあったり


身体を張って、ねこの権利、ねこの生きる権利のために頑張ってくれています。


どうか、ねこけんさん、応援してください。



今、ねこけんの千葉支部を立ち上げて、市原の方でボランティアを募集しています。


お近くで手を貸してもいいよっていう方はどうかお願いします。



ねこの生きる権利のために御手伝いお願いいたします。







posted by マミー at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

違法に猫を捕獲し業者に処分させる旅館





たまたまそこの旅館に泊まったお客様がずっと猫の鳴き声が聞こえるというので


何処から聞こえるのか探したら


部屋の外で猫が捕獲されていて、


業者が持って行くから、今業者が来ると言ったそうです。


お客様に見えるところでそれも堂々と


よくtwitterを見てみると前にも問題になっていた旅館だったらしい。


何でしょうか。


この悲しくなる気持ちは。


捕獲機に入っていた猫は野良とは思えないようなきれいな猫ちゃんでした。


その方が逃がしてくれたそうで


twitterで今、その話題で炎上しています。


そこの街は猫もたくさんいて、他の旅館では猫ちゃんを可愛がっていて


看板猫もいるらしいですが


別府温泉の名が泣きますね。


こういう虐待はなくしてほしいです。


今の時代と逆行しています。
ラベル:別府温泉
posted by マミー at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする