UA-115490970-2

2018年10月03日

懐かしい信玄

42943780_544692039286953_265215733766553600_n.jpg


今日、懐かしい信玄の写真が出てきました。


このころはまだ野良だった信玄を保護したばかりで、毛並みも汚く、白い毛が黄ばんで


全体的にきたなっこい野良猫でした。


下半身は手術のために毛を剃られていて、まだ体調も安定せず


私も半身不随の猫など飼ったこともなく


毎日、試行錯誤でした。


このころはこの猫は「にゃー」って鳴くんだろうかと思うほど


「シャーシャー」と近づくと「ケッ」というばっかりで、鳴き声というものを聞いたことがなかったのです。


スープを持って行けば、猫パンチで手をはたかれケイジ内にこぼしてしまったり


怖いので軍手でやっていました。


事故にあったばかりの時はぐったりしていましたが、


しばらくするといつもこういう風に半身を上げていて


寝ているところを見たことがありませんでした。


私が覗くときっといつでも臨戦態勢に入れるようにこういう姿勢になっていたのでしょう。



それが今では、チュール大好き猫になって


顔つきも変わって、チュールを上げるときも垂れてしまったチュールを


指からなめてくれるまでになりました。


見ているとカリカリも食べなくて、私がいなくなってから食べていた信玄。



41452223_534720176950806_178391380740014080_o.jpg


今ではこうなりました。


ラベル:半身不随の猫
posted by マミー at 01:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

熊本県藤枝八幡宮のお祭り





皆さん、テレビで見た方もいらっしゃるでしょう。


この御祭は70頭余の馬で行列を組み、市街の目抜き通りへ繰り出し、お旅所へ向かうのですが、



別名「馬追い祭り」とも言われ、綺麗に飾られた馬が暴れるのが見どころらしく


youtubeにも暴れ馬の画像が載っていたのですが


それが馬に酒を飲ませたり(以前はほんとにあったらしい)、鞭で必要以上にたたいて


馬を興奮させる様、嫌がっている馬を後ろから追ってみたり


執拗にやっているところが画像に載っているのです。


あれは虐待以外に何物でもないと騒がれています。


何年か前から問題になっていたらしく、参加チームの6チームが馬の虐待が疑われるので


参加自粛するように要請されたにもかかわらず今年も参加をし


今年もまた馬を虐待に近い扱いで興奮させ、わざと暴れさせたのが問題になっています。


それを見た人々から苦情の電話、手紙が殺到し


また、謝った会長が腕組なんかしていたので


それも問題を大きくしています。


この祭りで馬を貸してくれと頼まれた人が馬を貸したら


祭りの後でその馬がボロボロになって返されて


もう二度と貸さないとお爺さんが言っていたという証言もツイッターに寄せられています。


犬猫だけじゃなく、日本中、世界中いたるところでいろんな動物が虐待されているので


人間って。。。しょうがないなぁと。


これからも監視していきたいです。


この御祭も動きがあるようなので注目したいです。








ラベル:馬の虐待
posted by マミー at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

ここのところ

私の知っている動物たち、最近亡くなった子が多いです。


年取って捨てられたワンちゃんを最後まで見守って見とって


確か20歳、大往生です。


寝たきりになってウォーターベッドを作って寝かせたり(お手製)


ごはんをたべさせて、オムツをして、風呂に入れて


夜泣きもするし、たぶん介護は大変だったと思います。


介護をyoutubeで見ていても頭が下がります。



道でよろよろといた猫を保護して看病していたところ


少し良くなったかと思うと


また悪くなったり、一進一退を繰り返して


先日、ついに寝たきりになってなくなりました。


その子も獣医さんがたぶん16歳くらいだろうと言っていたそうです。


大好きな餌をたくさん食べさせてもらって


暖かい布団でねて最後は幸せだったでしょう。


保護した時、胃の中には小石が入っていたそうです。


あまりにおなかがすいて石も落ち葉も虫も何でも食べたのでしょう。





最近は、長生きする犬猫が増えてきて、


長生きすると病気にもなります。


病院に行くとお金がかかるからと病院に連れていかないで捨てる。


そういう飼い主が多いです。


たくさんのオムツした犬猫が保護される。


子猫や子犬をもらってくれる人は多いけれど


年取った動物の面倒を見ようなんて人はいません。


そういう犬猫を保護している人がいるのです。


犬猫は純粋に生きようとするんです。


最後まで諦めるなんてことはしない。


生きようと必死で頑張るから


力を貸したくなるんです。


今まで飼っていた犬や猫、家族ですよね。


年取ったからって捨てられますか?



見てみぬふりが一番の罪です。

ラベル:寝たきり動物
posted by マミー at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする