UA-115490970-2

2018年05月28日

ウニに鈴2つ

26219151_395196307569861_5265122549437956468_n.jpg


多頭飼い崩壊現場からレスキューされたウニ。


体も小さくて、目も弱視でドライアイで、きっと年も結構いってるおばあちゃんねこ


寒がりで、いっつも鼻水垂らして、くしゃみをすると赤い血の混じった鼻水


やっと、最近、着ていたちゃんちゃんこ脱いで



あんかも使わなくても大丈夫になった寒がりウニちゃん。



でも、身体が軽いから目が見えなくてもタワーのてっぺんまで平気で上がれるウニちゃん。



やっと、うちの構造も覚えてくれたみたいで走り回ってる。



でも、他の猫みたく足音がしなくて、いつの間にか足元にいるから


ほんとっに危ない。


踏んでしまいそうになる。


尻尾も長くて細くても立派な縞々しっぽ


それも時々踏んでしまって、ウニから抗議をされる私


ごめんね。ごめんね。


ほんとっに危ないから、今日は新たに首に鈴2個つけた。


あんまり大きい音だと耳元でかわいそうだけど


イイ感じのチリチリって


ウニの存在が分かっていい。


ウニって声も枯れてるから、鳴いてもエアーなきで音が出ないときがあるから


声代わりの鈴だね。


うに、明日も遊ぼねー


26229956_395196227569869_7226411210304801311_n.jpg





ラベル:弱視
posted by マミー at 22:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

信玄、入院中

DSC_0672.JPG


信玄はどうしているでしょうか?


ペットが入院した時は、家族がお見舞いに行くと治りが早いと聞きますが、


うちの信玄は元野良で、やっと「シャーシャー」言われなくなったところで


たぶん行ってあげるといいんだろうけれど


勇気が出ません。


もちろん、私のことは覚えているだろうけれど


ワンちゃんみたく「来てくれてうれしいよ〜」とはならないだろうことは予想がつきます。


顔見せれば、安心するだろうこともわかっているけれど


ごめんね、信玄。


行ってあげなくて。でも、必ずお迎えにはいくよ。


あなたを、見捨てたわけじゃないよ。


1年前に、信玄を救出して、まだお互いにそんなに顔すらもきちんと見ていなくて


手術した信玄を病院に迎えに行ったとき


信玄は、キャリーバッグの中から私の顔を見ていました。


何だろう、この人。どこに連れて行くんだろう。


でも、助けてくれたみたいだけれど。。。


そういう顔で見ていたのです。


それから1年、ここにいれば安心で危害は加えられないという事は認識してくれているみたいだけれど


私の顔は認識してくれてるみたいだけれど。。。


やっぱり、子猫の時から飼っている猫とはちょっと違うものがあります。


でも、迎えに行ったら喜んでくれるかな。


ちょっと、不安な私です。




posted by マミー at 12:46| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

信玄、血尿が出る。

25394979_384817598607732_359341228862350880_o.jpg


そのおしっこが回数も多いし


シートを変えるたびにだんだん赤みが増してみて


最後は「これ血尿だ」ってなって


でも、気が付いたときはすでに19:00


病院は19:00まで


しばらく様子を見ていたのですが、段々量も多くなって不安になった私は病院に電話しました。


そのA病院は時間外は留守電になるのですが、電話番号と名前、ペットの状態を留守電に入れておくと


折り返しできる限り電話をくれるのです。


電話がありました。


で、状態を話したら、その時は信玄はまだ元気でご飯も食べていたし


グッタリとはしていなかったので


先生が、「その様子なら、明日まで待っても大丈夫だから」と言われたので


「明日の朝いちばんに伺います」と言って切りました。


でも、猫の膀胱炎っていつ重大な容態になるか分からないので怖い病気なので、


気になって、ゆっくりは寝られませんでした。


つづく
posted by マミー at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする