UA-115490970-2

2018年09月22日

うちの信玄

28168252_412668109156014_1368662758731496769_n.jpg


これは保護した時の写真です。


私に向かって「シャーシャー」言ってます。


2.9キロ。片手で持ち上げられるほどの重さでした。


顔は今でもちょっと口がゆがんで、牙は事故で折れていて、頭には傷があり


膿んでいました。


保護した時は血尿で凄い臭いと体についた虫でひどい状態。



病院に連れて行くのにあまりの臭いで気分が悪くなりそうで


車の窓を開けたくらいでした。


普通、猫の耳はビロードのように綺麗なのですが


信玄は事故の後、動けない状態でやぶ蚊に襲われ耳はひどい状態でした。


今でも耳に毛は生えてこないで


毛が擦り剝けた鼻もピンクになっていて。。。


どこから見てもみすぼらしい野良猫でした。



32076794_442301019526056_8016100512845791232_o.jpg


今では、半身不随になってしまいましたが


穏やかな顔をして、鼻にも白い毛がまばらに生えてきて


毛並みも獣医さんにつやが出てきたねと言われるくらいになりました。


野良猫ってそれくらい壮絶な生き方を強いられているのです。


何もしていないのに、突然けられたり、


散歩中の犬をリードを外してけしかけたり、


誰か優しい人が作ってくれた野良猫ハウス(段ボール)も壊されたり


きれいな水を飲ませようと器に入れておくとわざわざそこにたばこの吸い殻を捨てて


飲めなくしたり


もちろん、毒餌を置くものまでいます。


誰も見ていないところで猫を捕獲して、三味線業者に売っているものも。


捕獲機で餌でおびき寄せると、お腹がすいた野良猫は簡単に捕まるそうです。


家に連れて帰って虐待して、自分のストレスを発散させるために


SNSでアップしたり。。。


社会の弱いものにいくのです。



昔は、猫ってそとでさんぽして、うちに帰ってくるものでしたが


今では外は危険だらけ。


虐待されてやっとの思いで家に帰ってきて、亡くなる猫とか


いっぱいSNSで見かけます。


虐待動画を見ない日はありません。



かわいそうな状態でもどこにいるのか分からないので助けてあげられないジレンマ。


でも、目も前にもしそういう猫がいたら見てみぬふりをせずに助けたい。


それが信玄でした。


16歳まで外で生きてきて、病院に行って毛を剃られてくることがありますが(治療のため)


身体のいたるところにキズがあります。


他の野良猫と闘って、危ない人間とも戦ってきたのだと思います。


だから、うちの猫は絶対に外に出さないし、出ないようにいつも注意を払っています。


みなさん、どうかこのブログを見ている方、


傷ついた猫がいたら、気付いてあげてください。


子猫を捨てている人がいたら、警察に連絡してください。


虐待をされている猫を見つけたら、猫の鳴き声が変だと思ったら


警察に連絡してください。


罪のない、たまたま外で生まれてしまった猫を見ないふりをしないで


気にかけてあげてください。


お願いします。


posted by マミー at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

今日の信玄

41096965_533285500427607_3349644732157394944_o.jpg


事情があって、昨日から信玄は動物病院のペットホテルで預かってもらったのです。


他の2匹は手がかからないので大丈夫なのですが、


圧迫排尿の信玄のおしっこを全然やったことのない人に任せるのは怖いので


病院の先生にお願いしたのです。



そして、今日信玄を迎えに行きました。


行くときに信玄が好きなカリカリを持っていって


私ではできない耳のお掃除も頼みました。


先生が信玄を渡す前にお話があるというので


診察室に入ると


「体重がまた元に戻っているから、これ以上太ると命に関わりますよ。」と言われました。


そして、信玄が病院では一切カリカリを食べなかったと。


うーーーーーん、本当にダイエットしないとまたおしっこが出ないで


大変なことになる可能性もあるという事でした。


そして、元気がなく、疲れ切ったようにぐたっとなって寝ています。


肥満ねこは2〜3日何も食べないと肝臓に来て死んでしまうと言われています。


だから、今日明日という問題ではないけれど、少しは食べないとダメなので


それに水も飲まないとおしっこに来てしまうので


1本だけチュールを上げました。


食べる食べる。なんだ食べるじゃん。


でも、カリカリは食べない。うーーーーーん、なんだこれは。


預けたことを怒っているのか、機嫌も悪いし。


先生が腎臓にもよい、ダイエットにもいいカリカリをくれたのですが


食べなくてもこれから先はこれにしよう。



お腹がすけば食べざるをえないんだから、これを無理やり食べさせようと


決意しました。


1年前、信玄を助けるために戦いましたが、


これからは第2段、肥満信玄との戦いの始まりです。



32076794_442301019526056_8016100512845791232_o.jpg
posted by マミー at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

毎日、犬猫に関する事件がありますね。


先日、紹介した立川の猫カフェMOCHAはもう開店しているそうで。。。


ネットでも騒がれています。


もう猫の被害は出さないでほしい。


前より監視の目は光っているので何かあったらすぐに調査されますよ、社長。


もう一回チャンスをくれと言ったらしいですが、死んでしまった猫ちゃんに生きるチャンスを上げてほしかったですね。


最近、私は一番頭に来ているニュースは






こいつです。こいつ。


保護された猫や犬に虐待をして、猫ちゃんは亡くなったそうです。


何ですか、それ。


あんたのやっていること、大矢と変わらないですよ。


せっかく保護されてきたのに、死に来たようなもんじゃないですか。


大人の人間の力で来られたら、小さな猫は逆らうすべがありませんよ。



この猫ちゃんが何をしたって言うんですか?


首を閉められたワンちゃんが一体何をしたっていうんですか?


こういう事件を耳にするたびに、無力感を感じます。


目の前にワープしてって、助けてあげたかった。


そして、私に同じことをして見ろって言ってやりたい。


人間の私に同じことやったら、すぐに警察呼べますから。


弱い何も言えないものにしかやらない卑怯者が最近はこそこそ隠れて


虐待をしています。


虐待を見つけたら通報をしてください。


お願いします。

ラベル:動物虐待事件
posted by マミー at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする