UA-115490970-2

2018年04月17日

結構、猫のことって知られていないですね。

30742182_432407567182068_6511046502339575808_n.jpg





私はずっと猫を飼ってきているので、私にとっては当たり前のことが



猫を飼ったばかりとか飼ったことない人には「へ〜」という事があるらしいです。



例えば、猫は風呂は嫌いだけれど、水の流れるところは好きだし、風呂場に入るのは好きとか。



猫は💩した後、ダダだぁーって走り回る💩ハイがある事とか。


水を飲む場所はたくさん、猫の通路に沿っていくつか置くといい。


トイレは飼っている頭数+1の数置いたほうがいい。


猫は具合が悪いのを隠すので、具合が悪いのは早く見つけてあげないとダメ。


1日ほっておくことは、人間の4日に相当することや


アロマがダメで、百合とか。そのほか、人間の食べるものもチョコとかあげたらだめ。


もちろん、ネギはだめ。


でも、いまでも獣医さんの所で色々質問して「へ〜、そうなんですね。」っていう事も多いです。


やっぱり、子供と同じで毎日、観察して、何か変わったことがあったらなるべく早く病院に連れていくこと。


最近は、猫専門の病院も増えてうれしいです。


ただ、生まれたばかりの子猫を保護して育てている方がいますけれど、それは尊敬します。


2時間おきの授乳やおしりを刺激して排尿させたり、💩させたり。


母猫の代わりをするのです。


だから、いまの子猫の多い季節は大変なのです。


いろんな人が子猫を拾ったと持ってくるから。


一人で何匹もお世話できませんから。限界があるのです。


だから、子猫が増えないように去勢手術をしましょうと呼びかけるのです。


簡単に子猫を捨て、野良猫の死亡率は子猫の割合が高いのです。


簡単に捨てて、虐待を受けたり、何のために生まれてきたのって言いたくないから。



ラベル:保護施設
posted by マミー at 19:23| Comment(4) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう一匹のうちの猫

もう一匹のうちの猫をご紹介します。

シドです。

30707524_432116990544459_7243525789960896512_n.jpg

うちの娘が大学在学中に飼ったロシアンブルーです。

子猫の時は可愛かったのですが、実はこいつは大変です。

気が付くと風呂場にいて、風呂場の排水溝の口をガチャガチャやっているし

ご飯を炊いていると炊飯器の上に乗って、危ないし

気が付くと炊飯器のふたが開いたりして。。。

一番大変なのは、カリカリをあげるとおいしくないのか

自分でカリカリに水をかけてふやかすのです。

だから、餌置き場は大変なことになっていて、広い範囲にビニールが敷いてあります。


いつの間にか、こんなにブクブク太ってしまって

他の猫のように身軽に動けません。

ダイエットさせないとダメなのですが、

実は事情があって、青森のばあちゃんの家に預かってもらっているので

ダイエットしたくてもしてあげられないのです。

このシドも、もう13歳くらいでしょうか?

身体に気を付けてあげないといけないのですが、

なんせ凶暴で。。。。

大きくて力は強いし。。。

皆さん、ロシアンブルーを飼う時は、メスにしたほうがいいですよ。


日本猫と違います。

posted by マミー at 00:39| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

交通事故にあった猫救出&うちの猫






相変わらず肥満猫用の容器では餌を食べたがらない信玄。


ちょっと上だけをサラッと食べて奥に入り込んだ餌を面倒くさがって残す。


餌を食べないで残すなら、ダイエット成功じゃない!って思うかもしれませんが。。。


うち信玄は、そんなに甘くありません。


食べないで「にゃーにゃ―」と甘い声で呼んで


「いつものお皿でちょうだいよ〜」と鳴きます。


チュールはここのところ毎日朝晩1本ずつで、2本で抑えています。


本当は一日1本にしたいところ。


でも、チュール大好きなのです、信玄。


段々慣らしていこうとどっちも我慢。


我慢の毎日です。


餌を決めてからは、おなかの調子も安定しています。


昨日なんか、お風呂上がりのタオルの上でう〇ちをしそうになって


ティッシュをすかさずに取って、手のひらで受け止めて。


立派なう〇ち。私はこれから運が上がるでしょう。(笑)


風呂場から、信玄のケイジまでちょっとの距離なのですが


今までは「よっこらしょ」と抱っこして運んでいました。


これからは自分で歩かせようと、後ろ脚を私が持って


前足でケイジまで歩いてもらおうとやり始めました。


が、信玄のしっぽは長くて追いかけようといつも踏んでしまうのです。


ごめん、信玄。


信玄の前足はまるで筋トレでもしているかのように太くて


這って歩くとすごい早いのです。


今までは、ケイジの中だけで過ごし、ケイジだけが安全地帯でしたが


ちょっとずつ、部屋で過ごせるように訓練していきます。


時々思うのです。


信玄って、どっちが幸せだったんだろうって。


外で過酷な環境でも自由に走り回って生きてきたときと


今は安全で暖かいし、お腹いっぱいに食べれるし


でも、一日中ケイジの中で寝て過ごすのと。


話せたら一度聞いて見たい。







信玄を助けることになったいきさつはこちら
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 21:47| Comment(2) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする