UA-115490970-2

2018年05月07日

昨日はこげんたちゃん命日でした。


gazou9.jpg



皆さんはこげんたちゃん事件を知っていますか?

目のくりくりした可愛い子猫です。

罪のない子猫が捨てられ、お腹をすかせた子猫は、人間を信じて

餌をくれる人について行ったのです。

それが。。。。あんなことになるなんて。。。

今でも、こげんたちゃんを忘れない人々が

毎年、こげんたちゃんの冥福をいのっているのです。

こんなことが二度とあってはならないという思いを持った事件です。


今でも、犯人の顔はツイッターでさらされ、同じことをしないように

監視されています。


小動物を虐待する人は増えています。

何も言えない動物に。。。


そいつらのような人間は病んでいます。


可愛い小さなものを見たら、助けたい、かばいたいそう思うのが人間じゃないでしょうか?


子猫を殺すなんて。。。それを動画で配信するなんて


今、そういう動物を嫌う人のサイトを、虐待画像をアップするサイトを取り締まろうと

動いています。


どうか皆さん、署名に協力してください。

https://www.change.org/p/総務省-御中-環境省自然環境局-総務課-動物愛護管理室-御中-インターネットにおける動物虐待の動画-画像に法規制を-︎?utm_medium=email&utm_source=petition_signer_receipt&utm_campaign=triggered&share_context=signature_receipt&recruiter=535891736

犯人の松原潤は。。。


(2009年9月)13日午前10時50分ごろ、広島市南区仁保南1丁目の松原正顕さん(62)方で
爆発音がし、玄関に血だらけの男性が倒れていると、近所の人から119番があった。
広島南署の調べによると、けがをしたのは松原さんの長男で会社員の潤さん(34)。
潤さんは全身に切り傷を負う重傷という。
広島南署は、潤さんが2階の部屋で、金属を抽出しようとして薬品を熱するか、
火を使うかし、何らかの爆発につながったとみている。







posted by マミー at 18:00| Comment(2) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

信玄、血尿が出る。

30415295_428938140862344_7442403292824469504_o.jpg

9:30に行ったらもう病院には何人か待っていました。


順番を待っていたら、夕べ電話をくださった先生でした。


おしっこを調べてどんな菌がいるのか調べて薬を出すのでって言われて、


信玄の血尿を取ろうとカテーテルを尿道入り口に挿そうとするのですが


信玄の尿道入り口は狭くなっているらしく(尿道形成の手術を受けているので


信玄は事故の後、オスのシンボルは皮がずる剝けていたので矯正手術と一緒に取ってしまっていたので)


カテーテルを入れるのは難しいと先生に言われたのです。


今は膀胱炎で自分でおしっこを出しているけれど、膀胱炎が治った時に自分でおしっこを出せなくなったら


私がその狭い尿道入り口にカテーテルを挿入できるのか。。。。不安になってしまいました。


先生は少しやって血尿を取ってくださって、検査結果は電話するからとお薬もくれました。


とりあえず抗生剤を飲んで、菌に合っているかは検査してからという事になり


自宅に帰ってきました。


そして、自宅で信玄をお風呂に入れて、身体をキレイにし


ケイジの中もきれいに維持して、血尿が出るたびにシートを変えてあげました。


信玄は綺麗好きで神経質なのです。


血尿はまだ赤いままで、量は少しづつ減ってきました。


つづく

posted by マミー at 22:00| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

交通事故から1年になります。

30741435_433274477095377_807938723390947328_n.jpg




信玄が交通事故に巻き込まれたのは、5月です。


もうそろそろ1年が過ぎようとしています。



今でも、動物病院に連れていくと他の猫たちとは全然違う、耳はちぎれてる、鼻先は毛がはげてる、


耳には痘痕のような跡が残ってて完全に野良とわかる風貌で、でもにゃーとも鳴かないで


寡黙にキャリーバックに入っているところを見ると貫禄があります。



ねこの一年は人間でいう4年で、もう4年たったことになります。


私が信玄を救助に行ったのが、事故から2日半たっていたので


人間でいったら1週間ほどほっておかれたことになります。


うちのもう1匹の猫、タラの耳はビロードのように綺麗な毛皮ですが


信玄はその2日半の間にやぶ蚊に襲われて、耳はボツボツなって毛皮ははげたようになっています。



私が救助に行ったところは本当にやぶ蚊が多くて、私たちも救助に行ったときに


たくさんのやぶ蚊に襲われ、私は長そでGパンで行ったから大丈夫でしたが、


血尿が出て、垂れ流しで異様なにおいをさせたケガした猫はどんだけやぶ蚊に襲われたか


考えてもぞっとします。


動けなくて逃げれなくて、どんなに絶望的だったか。


今は元気になりましたが、その耳はそのまま、治りません。


触るとブツブツになっていて。。。。


今日はその耳を写真に写そうと頑張ったのですが久しぶりに「シャー」と言われました。


もう15歳はいってるだろうと言われている信玄があとどれくらい生きてくれるか


分かりませんが。。。長生きしてほしいと思います。


30742948_433274420428716_3173200440481284096_n.jpg



この写真は、ケイジの外から写したので柵がちょっと写っていますが、信玄は写真を嫌がって下を向いてしまう中、


唯一、鋭い眼光が映ったやつなので載せてみました。
ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 22:10| Comment(3) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする