UA-115490970-2

2018年12月14日

ピースワンコ・ジャパン


広島県にある犬の保護施設です。


広島県の犬の殺処分を0にした犬の保護施設です。


テレビでも紹介されて、有名になりました。


私は期待をしてそこに月々の援助をしていました。


しかし、聞こえてくる評判はあまりいいものではありませんでした。


犬を迎えても、去勢手術をしないとか。



犬猫を迎えるのもいいことなのですが、去勢手術をしないと


保護してもらったところから逃げてしまったりすると


また、野犬の数が増えてしまう事になりかねないと


他の保護施設からのうわさを聞きました。



それで、最近は寄付をやめたのです。


そしたら、狂犬病の予防接種も受けさせていないとか


頭数が増えすぎたために、一つの部屋にぎゅうぎゅう押し込まれて


弱い犬は餌も食べられないという事態になり、


また、そこで喧嘩になって死亡してしまう犬も出てきたそうです。


少し前に、猫の保護施設をやっていた男が実は猫を虐待していたという事件。


その二の舞になってしまいそうな事態だとニュースになっていました。



それでは、犬を殺処分から助けるという本来の意味が変わってきてしまいます。


本末転倒です。


広島県の殺処分を0にし、せっかく期待していたのに


これからどうなっていくでしょうか。


見守っていきたいです。


どうかそこにいる犬たちを不幸にすることのないようにお願いしたいです。


posted by マミー at 19:13| Comment(2) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

最近思うこと。

puppy-1082141_960_720.jpg


twitterを見ていると、毎日毎日、犬や猫に対しての残酷な画像や


猫が害獣だから、自分の家に周りに毒餌を撒いたとか


段ボールに入れられて子猫が捨てられていたとか


年取った犬が捨てられて、病院にも連れて行ってもらえないで


ネグレクトされて飼い主に保健所に連れていかれたり


辛いニュースばっかり目に入ります。


そして、時々、海外からいいニュースや動物が救助された画像とかが送られてきて


ほっこりすることもありますが


そんな時間はほんとにわずか。


虐待されていたり、ネグレクトされていたりと


辛いうニュースがたくさん耳に入ります。


もうtwitterやめようかなと思う事もたびたび。


実際に動物の保護とかしていた人が心無いことを言われたり


辛い画像ばかりで、心を病んで


twitterから消えていくこともあります。


でも、思うのです。


止めたら、もうそういう情報がシャットダウンされるので耳に入って来なくなります。


平和な日常が戻ってきます。


でも、それは現状をなんら変えていない。


何も変わっていない、見てみぬふりをしているだけ。


だから、私はそういう中でも1匹でも2匹でも


自分の無力を感じても、目も前にいる子は助けたい。



自分の手の届かない状況は今すぐは無理でも


目の前に助けを求めている子がいたら助けようって


思っています。


一人一人が目の前の子猫や老犬を1匹助けてくれたら


すごい数になります。


ペットショップから買わないで保健所に保護されている子をみんなで


飼ってくれたら、殺処分される子は確実に減っていきます。


前に、Facebookに現状を訴えるために


そういう画像をあげたら「こういう残酷な画像を上げるのはどうか」という


意見を聞きました。


あなたは聞かないふり、見ないふりでもいいですよ。


でも、実際に被害にあっている犬や猫たちの犠牲はどう思うのか


聞いて見たいです。


見ないふり、知らなくていい。


でも、あなたの今着ているそのコートについている毛皮はどうやって手に入っているのか。


知らないで目をつぶっているだけでいいのですか?


海外ではフェイくファーになっていますよ。


日本だけですよ。本当の毛皮で喜んでいるの。


100均の猫のおもちゃに本物のウサギの毛皮が使われているのです。


それも命と引き換えに100円のおもちゃになって。


日本の現状はこうなんです。


いとも簡単に命を安く売って、おもちゃなんてフェイクファーでいいじゃないですか。


そういう現状を一人でも多くの人に知ってもらいたい。


老犬を病院に連れていかないで、保健所に連れていく日本人。


いなくなって欲しいのです。


最近は野良猫をストレスで虐待したり、多いです。


心が疲れている人が多いです。


弱っている犬がいたらいたわる、野良猫が嫌いなら、追い払ってください。


野良猫が来ないように出来るグッズ売っています。


毒餌で殺すことはないです。


そういうことをしている人がいたら注意してほしい。


監視してほしい。


警察も、小さな動物の虐待から人間の子供にだんだん発展してきて


事件になるのです。


だから、小さな動物だからほっておくじゃなく


監視して欲しいです。


animals-2222007__340.jpg
ラベル:twitter
posted by マミー at 17:14| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

先日の事故にあった猫ちゃんの件






どうにか預かり様が決まって引き出されて治療は受けられたようです。


よかった、よかった。


でも、治ってからの保護してくれる里親が決まっていないようです。


でも、生きてさえいれば絶対どうにかなるから


とりあえずよかったです。



たぶん治療にお金がかかります。



そんなこと生きていればどうにでもなります。



保護してもこれから何回か病院にも行かないといけません。



でも、うちの信玄は今の時点では手がかかるわけでなく


朝晩におしっこ出してあげるだけです。


圧迫排尿だって教えてもらえばできるようになります。



この子の状態がどうなのかまだ分かりませんが


幸せになってくれるといいです。


よく「1匹の猫を助けたって」という人がいますが


人間一人がたった1匹を助けたら


みんなでたくさんの猫を助けたことになります。


たった1匹から始まるんです。


あなたの目の前にケガした猫や助けを求めた猫がいたら


あなたの気持ちに従って


助けてあげてください。


どうしたらいいか分からないときは「誰か、助けてください」って声を上げてください。


それが助けに繋がります。


うちの信玄も「誰か」って声をかけてくれた人から助けたのです。



だから、お願いします。


あなたの出来ることで力を貸してください。

ラベル:野良猫
posted by マミー at 14:46| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする