UA-115490970-2

2018年10月23日

先日の事故にあった猫ちゃんの件






どうにか預かり様が決まって引き出されて治療は受けられたようです。


よかった、よかった。


でも、治ってからの保護してくれる里親が決まっていないようです。


でも、生きてさえいれば絶対どうにかなるから


とりあえずよかったです。



たぶん治療にお金がかかります。



そんなこと生きていればどうにでもなります。



保護してもこれから何回か病院にも行かないといけません。



でも、うちの信玄は今の時点では手がかかるわけでなく


朝晩におしっこ出してあげるだけです。


圧迫排尿だって教えてもらえばできるようになります。



この子の状態がどうなのかまだ分かりませんが


幸せになってくれるといいです。


よく「1匹の猫を助けたって」という人がいますが


人間一人がたった1匹を助けたら


みんなでたくさんの猫を助けたことになります。


たった1匹から始まるんです。


あなたの目の前にケガした猫や助けを求めた猫がいたら


あなたの気持ちに従って


助けてあげてください。


どうしたらいいか分からないときは「誰か、助けてください」って声を上げてください。


それが助けに繋がります。


うちの信玄も「誰か」って声をかけてくれた人から助けたのです。



だから、お願いします。


あなたの出来ることで力を貸してください。

ラベル:野良猫
posted by マミー at 14:46| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

今のウニちゃん

37221769_485357641887060_6010167338970644480_n.jpg

これは今のウニです。


43880238_549627832126707_8573549884471246848_n.jpg


これは保護されたときのウニです。


何があって、誰にされたんでしょう。


多頭飼いの現場はたぶん、悲惨なものだったのでしょう。


目が悪いからなんて容赦してくれない。


生きるか死ぬかの毎日だったのでしょう。


ウニは、頭が良くて、だから生き延びれたのだと思います。


でも、危なかったそうです。


助けるのが遅かったら、たぶん生きていなかった。


身体が小さくて、猫風邪ひいていて


そんな現場で生き延びたウニを見ていると


ちょっとのことで「疲れた〜」「会社行きたくない〜」って言ってる自分を反省します。


あの時のウニに比べたら、こんなこと!って


歯を食いしばれるのです。


こんな小さな体で頑張っているウニに自分を重ねてしまいます。


おばちゃんももう少しあなたたちのために頑張るよ。


他のかわいそうな猫たちのためにも頑張るよって、思える。


私にこんな力を与えてくれる猫たちの力って改めてすごいです。



42094425_538946946528129_1970517294459125760_n.jpg


41452223_534720176950806_178391380740014080_o.jpg
ラベル:保護猫
posted by マミー at 12:35| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

ねぇねぇ、信玄が。。。


朝起きたら、うちの娘が「夜中に・・・信玄が。。。」



信玄が夜中に「にゃーにゃ―」鳴いていたのは知っていたのですが、



ダイエット中の信玄の要求にいちいちこたえてあげるわけにはいかず



夜のお尻浴の後にカリカリを食べたら、もうおやすみなさいってするので鳴いても無視していたのです。



それを知っている娘も黙っていたそうです。



そしたら、信玄が夜中に「腹減った」と言ったそうです。



娘が「えっ」ってびっくりして信玄に「えっ、何?」って聞いたら



信玄が今度はゆっくりと「腹減った」と言ったというのです。



朝起きたら「ねぇねぇ、信玄が夜中に腹減ったって本当に日本語しゃべってたよ」って言うので。



私もなんか信玄ってちょっと猫離れしている、神がかってるところがあるなとは思っていたので



あながち嘘とも思えず。


野良で16年も生きて、もう仙人みたいに、


全てがわかっているような目で見てくるし



きっとこっちの言っていることは分かっているんだと思う。


しょうがねーな、人間って言っている感もあるし。。。



信玄の方が生きてる人生って言うかステージが上のような気がする今日この頃です。



DSC_0671.JPG
ラベル:半身不随
posted by マミー at 00:41| Comment(0) | 動物愛護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする