UA-115490970-2

2018年03月11日

交通事故にあった猫救出29












最近の信玄。

28783372_417302955359196_2204776673482637312_n.jpg

ついこの間まで「シャーシャー」言ってたのらとは思えない格好で寝るようになりました。





信玄は、肥満対策用猫餌皿は嫌いなようで、たいして食べないで残して


「にゃーにゃ―」訴えてきます。


面倒くさい皿は嫌なようで、入っているのに食べるのを止めてしまうのです。


家のもう一匹の黒猫タラは、そういうお皿でも気にしないみたいなのに、猫も性格ですね。


私の姿が見えないと黙っているのだけれど、信玄のケイジのそばで私が何かやっていると


「にゃーにゃ―」と甘えてきます。


NアニマルクリニックのI先生は、「コミュニケーション取れるのはいいんだけどねぇ」と笑っています。


私は信玄が鳴くたびに、またお腹壊したんだろうかと毎回見に行って、覗いて甘やかすからこういうことに


なってしまったのです。


肥満の猫は3日間何も食べないと命に関わるそうです。


だから、絶食はだめなのですが、減食はしないといけないから


心を鬼にして、最近はチュールも一日1〜2本を守っています。


肥満の猫はもし逃げてしまって、外で3日間何も食べれないと危ないのです。



だから、肥満の猫は逃がさないようにするか、太らせないようにしてあげてくださいね。(笑)

28782932_417302922025866_1196400450681700352_n.jpg


人間もそうですが、食べるのは簡単だけど、痩せるのって大変です。




ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 14:04| Comment(0) | オムツ猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

交通事故にあった猫救出18






保護した最初は本当に飢えていたようにガツガツ何でも食べました。


それも、飼いネコのように時間が決まっていてご飯を与えられるのと違って、今出されたものを食べないと


いつ食べれるか分からないという野良猫の食べ方でした。


保護した当時は3.5キロ。


前足も大きくて、首も太くて首輪をしていたあとは一切なかったのですが、眼光鋭くとがっている印象でした。


野良って平均寿命3年といわれています。


交通事故、病気、飢え、虐待などで長生きできないのです。


その厳しい環境の中で15年も野良をやってきて、こいつはただ物じゃないと思いました。


もしかして、そこら辺では有名な野良のボスだったんじゃない?とA病院のM先生にも言われました。


今頃、みんなは「あのボス最近見かけないけど、死んだのかなぁ」って噂をしていたでしょう。


DSC_0600.JPG


だんだんそれまで、ガツガツ食べていたウェットの餌を残すようになりました。


食べないので、いろいろ買ってきて食べさせたのです。


それがいけませんでした。


舌が肥えてきて、餌を選り好みするようになり、1番好きなものはチュールになってきました。



信玄は見ていると水を飲まなかったから水分補給のためにウェットの餌をあげていたのですが、


食べなくなってきて、カリカリに移行してくると水も一緒に上げないとなりません。



そのころ、圧迫排尿でどうしても汚れがちになってしまうお尻を毎日、お風呂でお尻浴していたので、


お風呂上りに試しに牛乳をあげたら、これがゴクゴク飲んだのです。



初めてあげるものは少量からと、子供を育てた経験から知っていましたが、あんまりおいしそうに飲むので


朝と晩に牛乳をあげたら。。。。


次の日から大変でした。


またまた、下痢になって、それもひどい下痢でした。


水分補給のために上げた牛乳で下痢をして、逆に脱水状態にしてしまう。


本当に自分が情けなくて、何やってんだろうと自己嫌悪です。


それで、またしばらく病院通いです。


つづく


25394979_384817598607732_359341228862350880_o.jpg



26112045_390658181357007_4307454776015476056_n.jpg







ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 12:11| Comment(0) | オムツ猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

交通事故にあった猫救出その6





いつ退院になるかもはっきりと分からない今の段階では、早めに用意しないとならなくて、まずは信玄のケイジ


を置く場所の確保です。


うちにはすでに2匹の猫がいて、信玄がノミ、マダニがいるかもしれない状態では何か月か隔離が大前提で、最


初の診断の時点で先生に「この子、エイズだよ、猫エイズ」と言われていたので、別の部屋にしないとならなくて


それでなくても狭いマンションの、うちの娘が独立してからは物置になっている部屋しか場所がなく、まずは物


置の片付けから始めました。


ケイジも用意しないとならないのですが、ネットのショップだと細かいところがわからず、発送にも日にちがか


かるみたいで断念し、近くのららぽーとに行くことにしました。


車もなく、普段出不精の出かけない私が一人で初めてペットショップを探していったのです。


見つけることができたのですが、全部セットで35000円もかかり、ネットで買えばもっとずっと安かったのに


とのちのち後悔でした。


これから、いくらかかるかもわからないのに節約しないとならないのは重々承知で、なくなく重い荷物を一人で


は運べず、タクシーで持ち帰ったのです。


その他、ペットシートやおむつや。。。。。ネットで少しずつ揃えていったのです。


家族からは、なんで野良猫なんて。。。。みたいな雰囲気が伝わってきて、お金もかかっていたのでちょっと


肩身が狭くなっていました。


でも、ケガした猫を見捨てる事なんてできないので、自分で選んだこと、自分で愚痴も言わないでやろうと


決心したのも、この頃でした。



DSC_0600.JPG


つづく






ラベル:圧迫排尿
posted by マミー at 10:56| Comment(0) | オムツ猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする