UA-115490970-2

2019年01月06日

アウシュヴィッツと同じことをしているのですよ。




「猿の惑星」ていう映画ありましたね。


知能の発達したサルが世界を牛耳って、人間を捕獲していくっていうお話です。



そのサルと同じことを実際に人間は今やっているのですよ。


ヒエラルキーのてっぺんにいる人間がどんなに勝手なことをしているか。


中国で、中華料理に使うヒレを手に入れるために生きているサメのヒレだけ切って


サメを海に沈めているのです。


ヒレが無くなったサメは泳げるわけもなく、そのまま沈んでおぼれて死んでいきます。


それも1頭や2頭ではなく、すさまじい数です。


先日も豚コレラにかかった豚をそのまま生きたまま土に火をつけて生き埋めにしている動画


見ました。


「猿の惑星」のサルがやっていることと同じです。


自分がもし動物だったらと考えたら、そんな残酷なことはできないです。


生きるためにお金を儲けないとならないことは分かります。


人間も食べないと生きていけないことも分かります。


でも、と殺する豚にせめて水を飲ませて欲しい。


豚のしっぽを切る行為をやめて欲しい。


せめて、楽に苦しませないであげてほしい。


自分が今度生れてくるときに動物だったらと想像できる人なら


飼っている動物を捨てたり、虐待したりできないはずです。


殺処分の器械もアウシュヴィッツで人間をガス室に入れたのと同じです。


その悲惨な行為をそのまま犬や猫にやっているのです。


野良犬や野良猫を殺す必要がありますか?


捕獲したら、きちんと去勢をして保護し


里親が見つかるまで保護する施設を作ってほしいです。


きちんと去勢しないで、生まれてしまった罪のない子を捨てて、その子たちを捕まえて税金で殺すのです。


きちんと去勢して数が増えないようにして、


今いる子たちをきちんと終生保護して欲しいです。


人間のストレス解消のために虐待されたりする子がいなくなるように


管理して安全な施設に入れてあげたいです。


もし、今度生れてくるときにあなたは野良猫だったらどう生きていきますか?



000359_li.jpg

posted by マミー at 20:06| Comment(0) | ガス室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする